福島県歯科医師会です。事業所歯科健診について説明しています。

公益社団法人 福島県歯科医師会

事業所歯科健診

社員の健康のために…事業所歯科健診をおすすめします。

歯に対する一般的認識は、歯が痛み始めてからその重大さに気づき、歯を喪失して初めて歯の大切さに気づくということを繰り返しています。特に、仕事に従事している方の多くは、時間的制約の中で健診や治療より仕事を優先し、ますますひどい状態になってしまいます。 事業所単位での歯科健診は、従業員の健康保持はもちろん、口臭やストレス予防のためにも大切な事業だと認識され、近年その需要が増えています。

歯科健診の目的

(1)歯科疾患の早期発見
健診により、むし歯、歯周病を早期発見することで、その後の治療が短期間で簡単に済むことになります。
(2)歯を長持ちさせ、8020へ
健診、その後の治療により、口の中を常に健康に保つことができ、歯の寿命を延ばせます。
(3)生活習慣の改善
自分の口の中の状態を知ることによって歯磨き習慣の見直し、または、歯磨きの動機づけになります。

事業所としてのメリット

  • 01. 健康増進による生活習慣病の減少
  • 02. 労働意欲の向上、作業能率の増進
  • 03. 遅刻・早退・欠勤の減少
  • 04. 事故・トラブルの減少
  • 05. 明るい職場づくり
  • 06. 治療期間・医療費の節約

歯科健診の重要性

中高年こそ必要な定期健診!

むし歯や歯周病は全身を蝕みます。

「たかが歯科の病気ぐらいで……」 「歯が無くなっても、入れ歯を作ればいい。」 「歯は命に別状がないから……」 いずれもよくきく会話です。でも、歯科疾患、口の中のトラブルが全身の健康に及ぼす影響は、あなたの想像以上ではないかと思いますが…?

むし歯や歯周病は働く意欲を無くさせます。

このように歯の病気といえども、治療を受けずに放置しておくと、進行とともに全身にいろいろな病状を引き起こす原因になります。 自覚症状が少ないため、気がついた時には手遅れになりやすく、また、症状が出始めると痛みによる不快感や、咬む機能の障害のため、勤労意欲の低下、思考力の低下が起こり、ひいては労働力の低下の原因となります。充分な健康管理のもとで、安心して力一杯働ける職場、これが働く人にとって一番ヤル気を起こさせる大切なポイントです。

歯科健診について

福島県歯科医師会では、職場における健康管理の一環としての口腔保険の推進を図ることを目的に、歯科医師、歯科衛生士等が各事業所に出張して、健診を案施します。

お問い合わせ先 福島県歯科医師会
電話番号 024-523-3266
FAX 024-524-1323

PAGE TOP