福島県歯科医師会です。このページではお口と体の関係について説明しています。

公益社団法人 福島県歯科医師会

お口と身体の関係

お口と身体には密接な関係があります。

このページでは様々な病状とお口の関係について説明していきます。

糖尿病と歯周病との関係 part1

糖尿病と歯周病は、共に代表的な生活習慣病で、生活習慣要因として、食生活や喫 煙に関与します。糖尿病は、喫煙と並んで歯周病の2大危険因子であり、一方、歯周 病は、3大合併症といわれる腎症、網膜症、神経症と共に、第6番目の糖尿病合併症で もあり、両者は密接な相互関係にあります。しかし、慢性炎症としての歯周炎をコン トロールすることで、糖尿病のコントロール状態が、改善する可能性が、示唆されて います。現在、以下のことがわかっています。

(1)糖尿病の人は歯周病の罹患率が高い
調査により、差がありますが、糖尿病でない人に比べ約2倍以上の頻度で歯周病 が起きやすくなると言われています。
(2)糖尿病の人は歯周病がより重症化しやすい
糖尿病の人では歯周病の罹患範囲(歯周病の歯の本数)や、歯周ボケット(歯と歯ぐ きの間にできるすき間)の大きさなど、歯周病の重症度を示す値が、糖尿病でない人 より高いことがわかっています。
(3)糖尿病では罹病期間が長い人ほど、歯周病の罹患率が高い
糖尿病では罹病期間が長くなるほど、いろいろな合併症が起きやすくなります が、歯周病も同じ傾向がみられます。ただしこれは、加齢の影響も少なくないと考え られます。
(4)血糖コントロールがよくない人は歯周病がより重症化しやすい
血糖コントロールがよくない人ほど、合併症の進行が早くなりますが、歯周病も 同じ傾向が見られます。
(5)歯周病が重症化している人ほど血糖がよくない
進行した歯周病がある人ほど、血糖コントロールが悪化しやすく、合併症の発病 率が高いという報告もあります。
(6)歯周病の人は糖尿病の罹患率が高い
歯周病の人は歯周病でない人よりも、糖尿病の罹患率が約2倍高いとの報告があり ます。
(7)歯周病の人は糖尿病でないとしても糖尿病予備軍であることが多い
(6)と同じ調査から、歯周病がある人は、たとえ糖尿病と診断されるほどの高血糖 ではないにしても、HbA1c(過去1~2ヶ月間の血糖値の平均を表す検査値)が高いという 人が多いことが示されました。つまり、「糖尿病予備軍」の頻度が高いということで す。
(8)糖尿病の人が歯周病をしっかり治療するとHbA1cが改善する
慢性感染症である歯周病に対して徹底的な治療を行うと、血糖コントロールが改 善することがわかってきました。それとは逆に、血糖コントロールが悪いと歯周病の 治療だけを進めても、歯周病がなかなかよくならないと、従来からよくいわれていま す。

このように糖尿病と歯周病に密接な相関関係があることは、ほぼ間違いありません。

PAGE TOP